--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-19(Tue)

XBOX360のHDD換装

ここでは、XBOX360付属のHDDを20GBから120GBに換装する方法について述べたいと思います。

XBOX360のHDDのI/Fは特殊形状ですが、内部はS-ATAのHDDが入っています。
私の知る範囲では、20GBのHDDは、HITACHIのTravelstar HTS54020Gが使われており、120GBのHDDでは、FUJITSUのMHW2120BHが使われています。

ただし、一般のPC用のHDDドライブは、XBOX360にそのまま繋いでも認識しません。これをXBOX360のHDDとして使うためには、XBOX360のHDDからhddss.binを取り出して、PC用のHDDドライブに書き込む必要があります。

この換装作業のために、以下のものが必要です。

[必要なもの]

・hddss.binを取り出すXbox 360純正HDDドライブ(120GB)
・容量アップのために換装するXbox 360純正HDDドライブ(20GB)←もとのHDDは使わないため、端子が活きていればジャンクでも可
・S-ATA接続可能なPC(USB接続は不可(?))
hddhackr
・換装用HDD WD3200BEVTこれ以外でもWD???BEV?シリーズで120GB以上なら大丈夫です。(利用できる領域は120GBに制限されます)
・ディスクセクターダンプ用ソフト
・起動可能なフロッピードライブとディスク



[換装概要]
HDDの換装(20GBから120GB)を行うためには、以下の手順を踏む必要があります。
1. hddhackrのダウンロード
2. XBOX360用HDD(120GB/20GB)の分解
3. XBOX360純正HDDドライブ(120GB)からhddss.binの取り出し
4. 起動ディスクの作成と、換装用ディスクへhddss.binの書き込み
5. XBOX360純正HDDドライブ(20GB)の代わりに新規HDDの取り付けと、組み立て

以下に手順の詳細を記述します。

[1. hddhackrのダウンロード]
hddhackrの配布先は、xbox-scene(http://www.xbox-scene.com/)になります。

hddhackrをダウンロードしてください。0.91のダウンロード先はhddhackrです。

[2. XBOX360用HDD(120GB/20GB)の分解]
XBOX360用HDDは、20GBも120GBも作りが同じで分解の仕方も同じです。
分解方法については、PC Watchに詳しく説明があるので、PC Watchを参考にしてください。

(リンク)
・Xbox 360ハードウェアレポート【周辺機器編】 http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/1212/xbox360.htm

以下に説明するhddhackrを使う方法か、バイナリエディターを使う方法かどちらかを使って、オリジナル120GBハードディスクからhddss.binを取り出してください。

[3. XBOX360純正HDDドライブ(120GB)からhddss.binの取り出し (hddhackrを使う場合)]

1. MS-DOSの起動ディスク(フロッピーや、USBメモリなど)を作成してください。iPrepで作成されたディスクでも構いません。

USB MS-DOS起動ディスクの作り方
iPrep v008.8のインストールと、起動ディスク作成方法

2. hddhackrを1で作成した起動用ディスクにコピーしてください。
3. PCの電源を落とします。
4. BIOSなどで、USBメモリやフロッピーなど1で作成したディスクから起動できるように設定します。
5. 起動用ディスク以外のすべてのディスクを取り外し、オリジナルのHDDをS-ATAにつけます。
6. PCの電源を入れます。
7. コマンドラインで、hddhackr -dと入力します。
hddhackr -dの実行

7. オリジナルのHDDからhddss.binの取り出しが成功します。取り出しが成功すると以下のような画面になります。
hddhackr -dの実行後

[3. XBOX360純正HDDドライブ(120GB)からhddss.binの取り出し (バイナリエディターを使う場合)]

1. 電源を切った状態で、分解して取り出したXBOX360純正HDDドライブ(120GB)をPCのS-ATAケーブルに取り付けます。
2. PCの電源を入れWindowsを立ち上げます。
3. ディスクセクターダンプ用ソフトを立ち上げます。ここでは、ディスクダンプエディターと言うソフトを使いました。使用期間は30日です。
ディスクダンプエディター起動


4. ディスクダンプエディターのメニュー下のプルダウンメニューからFUJITSU MHSW2120BHがあるタブを選択します。
ディスクダンプエディター FUJITSU選択


5. ファイルメニューから名前をつけて保存を選ぶ
ディスクダンプエディター 名前をつけて保存


6. ファイル保存時には、ファイル名を"hddss.bin"、ファイルの種類をBinary Files(*.bin)、保存範囲の開始セクターを16、終了セクターを22にしてください。
ディスクダンプエディター 保存方法


7. hddss.binができていれば成功です。

[4. 起動ディスクの作成と、換装用ディスクへhddss.binの書き込み]
1. MS-DOSの起動ディスク(フロッピーや、USBメモリなど)を作成してください。iPrepで作成されたディスクでも構いません。

USB MS-DOS起動ディスクの作り方
iPrep v008.8のインストールと、起動ディスク作成方法

2. hddhackrと、XBOX360純正HDDドライブ(120GB)から取り出したhddss.binを1で作成した起動用ディスクにコピーしてください。
3. PCの電源を落とします。
4. BIOSなどで、USBメモリやフロッピーなど1で作成したディスクから起動できるように設定します。
5. 起動用ディスク以外のすべてのディスクを取り外し、改装用WD1200BEVSをS-ATAにつけます。
6. PCの電源をつけます。
7. コマンドラインで、hddhackr -fと入力します。
7. hddhackrを起動すると、

Want to flash this firmware to make it compatible with sector 16 ? (y/n)
Do you want to create an undo file ? (y/n)

と質問が出るので両方ともyを押します。

hddhackr -f実行後、書き換え前

8. 書き換えが完了します。書き換えが完了すると、以下のような画面になります。
hddhackr -f書き換え後


[5. 組み立てとXBOX360でのフォーマット]
1. 書き換えが完了した換装用WD1200BEVSを、20GBのハードディスクと入れ替えて組み立ててください。
2. XBOX360に取り付けフォーマットすると、XBOX360用HDDとして使えます。

換装したHDDで旧Xboxのゲームを動作させたい場合は、以下の記事も一緒にお読みください。
換装したHDDで旧Xboxのゲームをする方法


参考情報
換装したHDDで旧Xboxのゲームをする方法
スポンサーサイト

theme : MOD
genre : ゲーム

注意書き
Google リンク
リンク
RSSリンク
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
Google 関連ワード検索
Google
DVD+R DL
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ixtremeについてのブログを表示する.

にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。