FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-02(Sun)

iXtremeの動作の仕組み

ここでは、Xbox 360のバックアップディスク起動のしくみについて述べたいと思います。

まず、iXtreme化されていないXbox 360がなぜ正規品のゲームディスクしか読み込まないかについて説明します。次に、iXtreme化によってどうしてDVD+R DLに書き込まれているゲームが動作可能になるかについて説明します。

[Xbox 360が正規品のゲームディスクしか読み込まない訳]

Xbox 360のディスクは、通常のDVDとは異なり、XDVDFSと言うファイルシステムです。通常の ISOイメージと異なる以下のものがあります。

・Security Sector ゲーム毎に異なるセキュリティ情報
・PFI Sector 物理的なフォーマット形式
・DMI Sector ディスク製造情報
・Media ID DVDメディア固有の値
・Video File System ステルス用のビデオファイル
・SplitVid Format

この中で、Security Sectorは、Xbox 360のドライブでないと読み込めません。通常のPCドライブで吸い出して、DVD+R DLなどにコピーしてもXbox 360にオリジナルで無いことを検知されてしまうので、Xbox 360からバックアップディスクの起動を阻止されてしまいます。

したがって、Xbox 360のゲームディスクからこのデータを読み込む方法が必要になります。

[PCドライブで読み込みが行えないデータの読み込み方法]

では、どうやって、上記データを読み込んでいるかと言うと2つ方法があります。
・Xbox 360のドライブから直接読み込む。
PCのドライブをXbox 360の特殊形式が読み込みできるなうに改造する。

これらの方法のどちらかを取ると、PCからXbox 360のようにSecurity Sectorの読み込みコマンドを発行してSecurity Sectorの情報を取得できるようになります。SSの情報を取得するためのツールはいろいろありますが、このブログでは、Xbox Backup Creatorによって取得する方法を紹介しましたので、そちらを参照してください。

ここで、SSの情報は取得できるようになるのですが、PC用に市販されているDVD+R DLドライブでは、Xbox 360用のSecutiry Sectorの領域に書き込みすることができません。

Xbox Backup Creatorでは、PC用に市販されているDVD+R DLドライブで書き込める領域にSecurity Sectorを書き込んでいます。しかし、この情報は、本来のオリジナルのディスクとは異なるため、オリジナルのファームウェアではSecurity Sectorを読み込むことができません。

この読み込めない情報を読み込むようにするのがiXtremeです。

[iXtremeが何を行っているか?]

iXtreme導入済みのXbox 360では、コピーディスクを読み込むとDVD+R DLだと判定します。iXtremeは、Xbox 360からSecurity Sectorの読み出し命令が来ると、オリジナルのSecurity Sectorの領域から読み出すのではなく、DVD+R DL用に移動したSecurity Sectorの領域から読み出しを行うようになっています。

このような動作で、コピーディスクとオリジナルディスクが同様の動きになり、バックアップを起動することができるようになります。

参考リンク
iXtremeとは
・xbox360iso http://www.xbox360iso.com/index.php/topic,55

スポンサーサイト
注意書き
Google リンク
リンク
RSSリンク
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
Google 関連ワード検索
Google
DVD+R DL
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ixtremeについてのブログを表示する.

にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。