--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-11(Tue)

Xplorer360を使ったセーブデータのバックアップ

Xplorer360は、全バックアップと、特定のフォルダーやファイルのみをバックアップする機能があります。

今回は、Xplorer360を使ったセーブデータのバックアップの方法について述べたいと思います。


[セーブデータのバックアップ]
セーブデータは、メモリカード上では、基本的に"FFFE07D1"などのように識別番号で名前づけされたフォルダーで書かれているため、人が見たときに、どのセーブデータに対応するか分からなくなっています。

これをセーブデータと対応づけるためには2つの要素があります。
1. ファイルの大きさ
2. 更新日時
これら2つをチェックして、Xbox360で確認したセーブデータと、更新日時が同じであれば、同じセーブデータと思って差し支えはありません。

また、一つのメモリカードに複数のプロファイルやセーブデータなどがない方が探しやすいと思います。

[Xbox360側での作業]
1. 時計を現在時刻に合わせてください。
2. ダッシュボードのシステムメニューのメモリを選択してください。

Xplorer Dashboard


3. 対象のメモリーユニットを選択してください。ここでは、一つしかありません。

Memunit Select


4. ゲームをバックアップする時は、ゲームをゲーマープロファイルの場合は、ゲーマープロファイルを選択してください。

Game Menu Select


5. 対象となるゲームの右側の赤丸を紙に書くなどして保存してください。

Game Select


[PC側での作業]
1. Xplorer360を立ち上げてください。

Xplorerの起動


2. メニューのDriveを選択し、Openを選択して、Harddrive or Memcardを選択してください。

XplorerのHDDの選択


3. TransferKitにメモリカードが入っていると、数秒待つと、Xplorer360の左側の表示領域にPartition0とPartition1が現れます。

4. Partition1がゲーマープロファイルやゲームのセーブデータが保存されているPartitionなのでPartition1をダブルクリックしてください。

5. Contentの右の+マークをダブルクリックし、展開してください。また、その下のディレクトリーも同様に展開してください。

Xplorer Memcard Menu Select



6. Contentの下のフォルダーのもう一つしたの階層が、セーブデータと、ゲーマープロファイルが入っているフォルダーなので、「Xbox360側での作業」で記録した、タイムスタンプとサイズが一致するフォルダーを探して見つけてください。

7. 見つかったら、そのフォルダーをWindowsにDrag & Dropでコピーするだけです。

8. また、Windowsにコピーしたファイルを元に戻したければ、逆にWindowsにコピーされたフォルダーをXplorerの対象ディレクトリーにコピーし直してください。

参考リンク
Xplorer360を使ったXbox 360のHDDバックアップ
Xplorer360を使ったXbox 360のHDDリストア
Transfer Kitを使ったメモリカードの認識


FC2 Management

theme : MOD
genre : ゲーム

ブログ内検索
Google 関連ワード検索
Google
DVD+R DL
Amazon商品一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ixtremeについてのブログを表示する.

にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。