FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-28(Sun)

(Lite-on) iXtreme 1.5への書き換え

ここでは、「DG-16D2S 本体対応ドライブキーを埋め込んだiXtremeの作成」で作成したiXtremeを使って、Lite-on DG-16D2S DVDドライブのファームウェアを書き換える方法について記述します。

ドライブキーを取得する前にこのページの内容を絶対に実行しないでください。ゲームの起動ができなくなります。




Lite-on DG-16D2SのファームウェアをiXtremeに書き換えるために必要なもの


・「DG-16D2S 本体対応ドライブキーを埋め込んだiXtremeの作成」で作成した、LITE_CFW.BIN
・SAPARAID-PCI(ファームウェア書き換えに必要なVIAチップが載ったS-ATA PCIカード)
・DVDの電源(Xbox 360から直接電源供給するか、または、Connectivity Kit for Xbox 360)
・「USB MS-DOS起動ディスクの作り方」で作成したDOS起動用USBメモリー、またはMS-DOSの起動用フロッピーディスク
・上記起動用USBメモリーのルートディレクトリーにLITE_CFW.BINのファイル



Lite-on DG-16D2Sのオリジナルファームウェアの消去


1. iXtremeファイルを展開した時にできるDOSディレクトリーの下にあるファイルを、DOS起動用USBメモリーまたはフロッピーに、コピーしてください。

2. USBメモリーまたはフロッピーからPCを起動してください。

3. 「L-O-Eras.EXE IOポート番号」と入力し、リターンを打ちます。私の場合は、IOボート番号は8000でしたが、環境によって異なります。JungleFlasherで確認してください。

4. FF72とステータスコードが出るまで、3を繰り返してください。FF72と出たら消去は完了しています。FF80や、FFF2などが出ますが、FF72が出るまで繰り返してください。

(失敗)
l-o-eras fail

何度やってもFF72がでない場合は、ドライブの電源のOFF/ONを行うか、PCの再起動を行えばFF72が出る場合があります。

(成功)
l-o-eras exec

5. dosflashを使ってLiteOn DG-16D2Sを書き換えるためには、ドライブ上のフラッシュチップを認識する必要があるのですが、ここで一度電源を10秒ほど落とすと、認識率が良くなります。

(注:オリジナルファームウェアの消去を行うとドライブがイジェクトできなくなったり、DOSFLASHで認識しなくなることがありますが、壊れているのではありません。タイミングなどを変え以下の作業を何回か行えば書き換えは完了します。)

Lite-on DG-16D2SのファームウェアをiXtremeに書き換え


6. DosFlash.exeと入力し、リターンを打ちます。ここで、(Y/N)の選択肢が何度か出ますがNを入力してください。

(正常に認識した場合)
dosflash liteon Flash Detect

正常に認識すると、一行目の赤線がLite-onの場合「ATAPI No Identify possible」、二行目の赤線が「Winboad/NEX(W25P20/W25X20/NX25P20)」となっています。また、三行目の赤線が「262144 bytes (256KB)」となっています。

赤丸の数字を覚えておいてください。ここでは、0です。

(注: LiteOn DG-16D2S上のフラッシュチップが認識されず、書き換えができない場合が頻繁にありますが、電源の入り切りをしたり、タイミングを変えたりして、何度か試してみて、根気よく認識するまでがんばってください。)

7. 「Enter the number of an ATAPI drive:」で、番号の入力を促されますので、6で覚えておいた番号を入力してください。上の写真の例では0です。

8. 「What do you want to do? Type [R] to read, [W] to write, [E] to erase flash, [LITEON K] to get LiteOn DvdKey, [LITEON E] to erase LiteOn flash: 」と入力を促すので、「W」と入力してリターンを押してください。

9. 「Enter the firmware update file name:」と入力を促すので、「LITE_CFW.BIN」と入力してリターンキーを押してください。

DOSFLASH設定


10. 「Writing Bank..?..OK!」が4回でると(?の部分は数字)、フラッシュが完了し、書き換えが完了です。

DOSFLASH成功


参考情報
(Lite-on) DG-16D2Sのドライブキー吸い出しを行うシリアルアダプタ作成
(Lite-on) DG-16D2S ドライブキーの吸い出し
(Lite-on) DG-16D2S 本体対応ドライブキーを埋め込んだiXtremeの作成

スポンサーサイト

theme : MOD
genre : ゲーム

注意書き
Google リンク
リンク
RSSリンク
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
Google 関連ワード検索
Google
DVD+R DL
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ixtremeについてのブログを表示する.

にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。