--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-11(Sun)

(Lite-on) USBを使ったシリアルと半田が不要なDG-16D2S ドライブキーの吸い出し

[ Lite-on DG-16D2S ドライブキーのUSBでの吸い出し ]



ここでは、DG-16D2Sのドライブキーをシリアルアダプターを使わず、シリアルと半田が不要なUSBで吸い出す、方法について紹介します。(注: 玄人志向 SAPARAID-PCIは必要です。)

[ DG-16D2SのドライブキーをUSBで吸い出すのに必要なもの ]



  • USBシリアル変換モジュール MFT232RLまたはAE-UM232R
  • mini USB ケーブル
  • 電線(単線の方が望ましい) KQE 0.32mmを使いましたが別のものでもかまいません。
  • 玄人志向 SAPARAID-PCI
  • iXtreme 1.5




以下の内容は、たくみさんの「XBOX360,Wii,NDS,PS お気軽掲示板」への投稿を参考にしました。ありがとうございました。

[ MFT232RLまたはAE-UM232Rの購入 ]



USBで、ドライブキーの吸い出しに必要なUSBシリアル変換モジュール を購入してください。私は、マルツーパーツ館で、【MFT232RL】USBシリアル変換モジュール(半完成品)を購入しました。

AE-UM232Rの方が安いので、安く作りたい方は、そちらを購入された方が良いと思います。


参考リンク

以下の写真のような商品が届きました。

< MFT232RL >
MFT232R パッケージ

< AE-UM232R >
FT232RL

[ MFT232RL用 FT232RL用ドライバーのダウンロード ]



MFT232RL、AE-UM232Rを動作させるためには、シリアルドライバーが必要になります。以下のサイトからダウンロードしてください。

メーカーページ
FTDIChip

ドライバーページ
Virtual COM Port Drivers

[ MFT232RLジャンパー設定 ]


購入時には、ジャンパーが一つ接続されていません。3.3vと5vを選択するジャンパーなのですが、3.3v側に接続してください。

写真の赤丸の部分が写真と同じになっていれば、あっています。

MFT232RL ジャンパー設定

[ FT232RLジャンパー設定 ]


FT232RLの場合のジャンパー設定は、写真の赤丸と同じになっていればあっています。

FT232RL ジャンパー設定

[ MFT232RLまたはAE-UM232RとPCとの接続方法 ]


MFT232RLとAE-UM232Rは同じ機能を持ち、どちらか一方があれば、ドライブキーの吸い出しはできます。ここでは、主にMFT232RLで説明し、異なる部分のみAE-UM232Rを紹介します。

MFT232RLと、PCをmini USBケーブルで接続してください。USBケーブルのminiUSBの端子をMFT232Lに、USBの大きい端子をPCに繋いでください。



接続すると、「新しいハードウェアの追加ウィザード」が表示されます。画面に従って、付属マニュアルにあるドライバーインストールを実行してください。インストールが完了すると新しいCOMポートができます。デバイスマネージャーで確認しておいてください。ここで新たにできたUSB Serial Port(COMx)のCOMxの部分をJungleFlasherに指定するので、覚えておいてください。

写真では、COM3です。

MFT232RLが追加されたデバイスマネージャー
MFT232R Control Panel

[Xbox 360からLite-on DG-16D2Sドライブの取り外し]


Lite-on DG-16D2SドライブをXbox 360から取り出します。

1. 分解したXbox 360のフェイスプレート側の前面を見てください。Xbox 360とLite-on DG-16D2Sドライブとをつないでいるシールがあるので、このシールをはがしてください。
RemoveDrive.jpg

2. 分解したXbox 360のACアダプターやAVケーブルを挿入する面を見てください。Lite-on DG-16D2Sドライブを少し持ち上げると、2種類のケーブルでつながれているので両方のケーブルを外してください。
Remove Cable Lite-on DG-16D2S Drive.jpg

3. 前面のシールと、後部のケーブルを外してLite-on DG-16D2Sドライブを上に持ち上げるとドライブをXbox 360から取り外すことができます。持ち上げてください。
RemoveDrive2.jpg

4. Lite-on DG-16D2Sドライブを取り外せました。
Lite-on DG-16D2S Drive.jpg

[Lite-on DG-16D2Sドライブの分解方法]


1. Lite-on DG-16D2Sドライブを背面を上に仰向けにしてください。この状態で赤丸の部分に4カ所ドライバーで回すところがあるので、プラスドライバーで右回りに外してください。また、赤四角の部分はシールがありますのではがしてください。

Lite-on DG-16D2S Drive bottom.jpg

2. ドライブの金属部分の外装を取り外してください。前面のトレイの下と、背面の電源ケーブルの下あたりに爪を引っかけて持ち上げると外れやすいと思います。

3. 分解完了です。
Lite-on DG-16D2S Drive bottom Remove.jpg

[ MFT232RLとDS-16D2Sとの接続方法 ]



1. 電線(単線)の両端を1cmほど剥ぎ、導線をむき出しにしてください。

2. MFT232RLのRxDの穴に、電線の片方の端をつっこみ、穴の金属部分に接触するようにする。

MFT232R

AE-UM232Rの場合は、下の写真のようにRxDの棒に電線の金属部分を絡めてください。
FT232RL 電線接続方法


3. Lite-on DG-16D2Sの写真のポイントTxDに、電線のもう一方の片側をつっこむ。電線が金属部分にふれていれば、つっこまなくても構いません(KQE 0.32mmでぎりぎり突っ込めるぐらいです。)。ただ、ドライブキーの吸い出しを行うときは、ここの接触が離れていないかを確認してください。

拡大前のLite-on DG-16D2S基板

Lite-on DG-16D2S基板

処理部分拡大Lite-on DG-16D2S基板
Lite-on DG-16D2S拡大基板

電線を突っ込んだところ。
Lite-on DG-16D2Sへの電線挿入

[ Lite-on DG-16D2S ドライブキーの吸い出し]


次に、Lite-on DG-16D2Sのドライブキーの吸い出し方法は、JungleFlasherを使います。

ここでは、JungleFlasherを使った吸い出し方法を説明します。

[ トレイの半開き ]


Lite-on DG-16D2Sで、ドライブキーを吸い出すためには、トレイを半開きにしておく必要があります。トレイの半開きは以下の手順で行います。

1. PCのWindowsが立ち上がっていることを確認します。立ち上がっていないと、BIOSなどの画面でフリーズするので、あらかじめ立ち上がっていることを確認してください。
2. PCのS-ATAケーブルをLite-on DG-16D2Sに接続してください。
3. Lite-on DG-16D2Sの電源を入れます。
4. イジェクトボタンを押します(Xbox 360本体でも、、Connectivity Kit for Xbox 360どちらを使ってもかもいません。)
5. 完全にLite-on DG-16D2Sのトレイが空いている状態で一度電源を切ります。(この作業を行わないと、ドライブキーが取得できません。Xbox360から電源を取っている場合は、DVDドライブの電源ケーブルを一度抜いてください。)
6. 手動で、半分まで、ドライブを押し戻します。
7. Lite-on DG-16D2Sの電源を入れます。(Xbox360から電源を取っている場合は、ここで電源を刺して下さい。)

Lite-on DG-16D2S半開き

次の「JungleFlasherによるドライブキーの吸い出し」が終わるまで、この状態を続けてください。


[ PortIO32.exeのインストール ]


iXtreme 1.5のJungleFlasherのディレクトリーに、PortIO32.exeというプログラムが入っています。このプログラムを実行し、インストールしないと、JungleFlasherが正常に動作しません。

PortIO32.exeを一度も実行したことがなければ、実行してください。

正常にPortIO32.exeが実行されていれば、下の図の赤丸のようにデバイスマネージャーに「Xbox 360 I/O Device Drivers」のアイコンができていて、その下に「PortIO32 - Xbox 360 Device Driver」があります。

デバイスマネージャーにPortIO32が追加

[ .Net Frameworkのインストール ]


.Net Frameworkがインストールされていなければ、インストールしてください。
.Net Frameworkがインストールされていなければ、0xc0000135エラーが出ます。

インストール方法は以下にあります。
Microsoft .NET Frameworkのインストール

[ JungleFlasherによるドライブキーの吸い出し ]


1. S-ATAケーブルで、Lite-onドライブとSAPARAID-PCIを接続してください。また、JungleFlasherを立ち上げてください。

2. DVDKey32タブを選択してください。
JungleFlasherを立ち上げると、以下の画面になりますので、赤で囲んでいるDVDKey32のタブをクリックしてください。

DVDKey32の選択

3. I/O Port Com Portの適切な値に設定してください。
DVDKey32タブをクリックすると、以下の画面になりますので、aとbの項目を適切な値に変更してください。(ここで表示している値は、私のPCの環境の値ですので、PCの環境に応じて変わる可能性があります。)

I/O Port Com Portの選択

Drive PropertiesのNameの値が、DG-16D2Sになっていると"DG-16D2S"と表示されています。VIAカードのI/Oポートを確認する場合は、「iXtreme時のドライブ接続I/Oポートの確認方法」で確認してください。

4. Get Keyボタンを押してください。
Get Keyボタンを押してください。このボタンを押すと、ドライブキーの読み込みが始まり3回ファイルの保存ダイアログが出てきます。

保存ダイアログが出てきたら、そのままリターンキーを押してください。ドライブキーが保存されます。

ドライブキーの取得

ドライブキーの取得が失敗したら、半開きのところからやり直してください。


参考情報
(Lite-on) DG-16D2S ドライブキーの吸い出し
(Lite-on) DG-16D2S 本体対応ドライブキーを埋め込んだiXtreme 1.5の作成
(Lite-on) iXtreme 1.5への書き換え

スポンサーサイト
注意書き
Google リンク
リンク
RSSリンク
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
Google 関連ワード検索
Google
DVD+R DL
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ixtremeについてのブログを表示する.

にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。