--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-17(Sat)

ノートでのiXtreme化

[ ノートPCでのiXtreme化 ]



今回はノートPCを使ったXbox 360のドライブファームウェアをiXtremeにする方法について説明したいと思います。



[ ノートPCでiXtreme化が困難だった理由 ]


iXtreme化を行うためには、Xbox 360内蔵DVDのフラッシュメモリを何らかの方法で書き換えなければなりません。書き換え方法としては、何通りかありますが、ほかの方法は特殊な道具が必要なため一般的な人が行えるのは、WindowsやDOSなどのファームウェア更新ソフトを使ったフラッシュメモリの書き換えぐらいしかできないと思います。

このフラッシュメモリの更新ソフトにJungle Flasherや、dosflashなどがありますが、このソフトウェアが、VIAチップセットにだけある専用の命令を利用して書き換えを行っているために、iXtreme化を行うためには、VIAチップセットを使ったカードが必須になっています。

デスクトップの場合、「玄人志向 SAPARAID-PCI インタフェースカード」が有名であり、かなり実績があるのですが、ノートPCの場合、VIAのチップセットを使った、USB-SATA変換ケーブルやCard Bus PCカードがなかったので、今までノートPCしか無い人はiXtreme化が困難でした。



[ ノートPCでiXtreme化が行えるカード ]


USB-SATA変換ケーブルでのiXtreme化は依然不可能ですが(VT6408Sというチップはあるのですが、使っている製品がない。)、Card Bus PCカードは、VT6421と言うVIA製チップセットが内蔵されたものが2008年8月に発売されました。

以下に紹介するカードを使うとノートPCなどPCIスロットがないPCでもiXtreme化が行えます。

AREA ツライチeSATA&SATA (SD-CBES-Z1) Card Bus対応 S-ATA増設カード



[ ツライチ eSATA&SATA (SD-CBES-Z1) を使ってできること、できないこと ]


ただし、Card Bus増設カードなので、Windowsで行える作業全般は行えますが、DOSでは認識できずDOSでの作業はできません。実際、Windowsでの動作確認と、DOSで動作しないことを確認しています。

このカードを使って、できることは、
・Jungle Flasherを使ったドライブキーの吸い出し(USBアダプターは別途必要)
・Jungle Flasherを使ったiXtreme化


できないこととして、
・DOSでのiXtreme化(iPrep、dosflashなど)

があげられます。

今まで、ノートPCでPCIスロットがないため書き換えができなかった人は、上記製品の購入を考慮してください。

参考リンク
(BenQ) JungleFlasherを使ったiXtremeへの書き換え
(Lite-on) USBを使ったシリアルと半田が不要なDG-16D2S ドライブキーの吸い出し

スポンサーサイト
注意書き
Google リンク
リンク
RSSリンク
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
Google 関連ワード検索
Google
DVD+R DL
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ixtremeについてのブログを表示する.

にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。